AIMS Program at Tokyo Metropolitan University

集中講義「東南アジア地誌」を実施しました

東京農工大学、茨城大学、首都大学東京からAIMSプログラムの枠組みでASEAN諸国の大学へ派遣される学生向けに、事前共通科目「東南アジア地誌」を実施しました。

第1回 5月14日(土)

1)東南アジアの歴史・文化環境(担当教員:菊地 俊夫)

2)東南アジアの自然環境(担当教員:松本 淳)

第2回 5月28日(土)

1)東南アジアの都市とまちづくり(担当教員:古川 尚彬)

2)東南アジアの森林の保全と活用(担当教員:沼田 真也)

第3回 6月4日(土)

1)東南アジアの社会・経済環境-持続性を求めて-(担当教員:菊地 俊夫)

2)東南アジアの新しい産業としての観光(担当教員:エランガ・ラナウィーラゲ)

一般教養としての東南アジア地誌を身につけるとともに、異なる専門分野の学生がディスカッションなどを通じて、社会に役立つために各専門分野が貢献できることは何かを考え、建設的な意見を出し合うトレーニングを行いました(2016年5月14、28日、6月4日 於・首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス)。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted on: Jun 5, 2016

トピックス

To Page Top