AIMS Program at Tokyo Metropolitan University

学生派遣プログラム(2018年度)

一般情報

本プログラムでは、急速に発展するASEAN国であるマレーシアにおける食糧生産、技術、都市計画について学ぶ機会を日本の学生に提供し、持続可能な開発並びに人と自然の共存に貢献できる人材を育成することを目指しています。

  • 期間:  2018年8月下旬~2019年1月中旬
  • 募集人数:  5名
  • 受入大学・学部:

       a) マレーシア工科大学(Universiti Teknologi Malaysia (UTM))

         ※2018年の秋セメスターより以下の2学部は1学部に統合される予定。
           建築環境学部 http://fab.utm.my/外部リンク
           地理情報・不動産学部 http://www.fksg.utm.my/外部リンク
       b) マレーシア・プトラ大学(Universiti Putra Malaysia (UPM))
           森林学部 http://www.forr.upm.edu.my/外部リンク
           経済・経営学部 http://www.econ.upm.edu.my/外部リンク

派遣プログラムの概要

募集要項はこちら (Adobe PDF110KB)からダウンロードできます.

留学前にやること(事前学習)

参加者は全員、危機管理等に対する講座や集中講義「東南アジア地誌」を受講する必要があります。その他にも、希望者にはコミュニケーション能力、語学能力向上のための学習機会を提供します。

留学中にやること(受入大学が提供する科目の履修と単位取得)

ページ下部に記した受入大学の提供する科目(例)から各自選択し受講する。留学中に取得した単位の多くは本学で振り替えることができます。

留学終了・帰国後

参加者は海外学習プログラムの成果について、帰国後に首都大が開催する成果発表会で英語プレゼンテーションを行うことになります。また、外部英語試験を受験してもらいます。場合に応じて首都大でのAIMSプログラムに参加しているマレーシア人学生のサポートをお願いすることがあります。

応募資格

  • 2018年度都市環境学部に所属する学部3年生または4年生(休学者を除く)
  • 英語能力(TOEIC550点以上または同程度を目安とする)

募集期間

2018年4月6日~13日(書類提出期限:2018年4月13日17時)

※ 提出先は募集要項に記載

選考過程

応募用紙の審査後、当該の学生に対して面接を実施します。
応募用紙のダウンロードはこちら (Adobe PDF45.5KB)から

UTM・UPMでそれぞれ提供される科目例  ※ 1部変更される可能性が有り。

マレーシア工科大学 (UTM)

a) 建築環境学部 (Faculty of Built Enviornment, UTM)
- 環境学 (Environmental Studies)
- 環境計画ワークショップ (Environmental Planning Workshop)
- 地域農村計画 (Regional & Rural Planning)
- 空間分析とモデル (Spatial Analysis and Modelling)
- 土地利用計画 (Land Use Planning)
- 交通計画 (Transportation Planning)
- 持続的な交通 (Sustainable Transportation)
- 環境経済学基礎 (Introduction to Environmental Economics)
- 観光計画1 (Tourism Planning 1)
- 都市評価技術 (Urban Appreciation Techniques)
- 計画の実践 (Planning Practice)
- 計画法規 (Planning Regislation)
- 都市経済学 (Urban Economics)
- 観光計画3 (Tourism Planning 3)
- アーバンデザイン (Urban Design)
- コミュニティ・住居計画 (Community planning and housing)
- 交通計画 (Transportation Planning)
- 農村経済開発 (Rural Economic Development)
- 景観生態学 (Landscape Ecology)
- 公園余暇計画 (Park & Recreation Planning)

b) 地理情報・不動産学部 (Faculty of Geoinformation and Real Estates, UTM)
- 写真測量学Ⅱ (Photogrammetry II)
- 流域調査 (Hydrographic Surveying)
- 測地学Ⅰ (Geodesy I)
- リモートセンシング技術 (Remote Sensing Technology)
- GISデータベース (GIS Database)
- 資源管理のためのGIS (GIS for Resource Management)
- デジタル画像処理 (Digital Image Processing)

マレーシア・プトラ大学 (UPM)

c) 森林学部(Faculty of Forestry, UPM)
- 森林調査 (Forestry Survey)
- 森林とGIS (Geographic Information System in Forestry)
- 林道 (Forestry Road)
- 森林とリモートセンシング (Remote Sensing in Forestry)
- 森林土壌 (Forest Soil)
- 生物多様性と保全 (Biodiversity and Conservation)
- 野生生物管理 (Wildlife Management)
- 生物多様性評価 (Biodiversity Assessment)
- 森林管理1 (Forest Management I)
- 森林管理2 (Forest Management II)
- 都市森林管理 (Urban Forest Management)
- 余暇利用行動 (Recreational User Behavior)
- 余暇空間の計画と設計 (Recreation Site Planning and Design)
- 余暇経営管理 (Recreation Business Management)
- 余暇資源生態学 (Recreation Resource Ecology)
- 余暇における野生生物管理 (Recreational Wildlife Management)
- 自然教育 (Nature Education)
- エコツーリズム管理 (Ecotourism Management)
- 余暇マーケティング (Recreation Marketing)
- 観光と遺産/コミュニケーションマネジメント (Heritage and Community Tourism Management)

d) 経済・経営学部 (Faculty of Economics and Management, UPM)
- ホスピタリティー/観光/余暇産業の基礎 (Intro. to Hospitality, Tourism and Recreation Industry)
- ホスピタリティー/観光/余暇のマーケティング (Hospitality, Tourism and Recreational Marketing)
- ホスピタリティー/観光/余暇資源の計画と開発 (Planning & Development Hospitality, Tourism and Recreation Resources)
- 観光余暇経済学 (Tourism and Recreation Economics)
- プロモーション手法 (Promotion Management)
- 国際ビジネス経営 (International Business Management)
- マレーシア経済 (Malaysian Economy)
- ホテル・リゾート経営 (Hotel&Resort Management)

学生派遣

To Page Top